2022年参議院選挙 政党アンケート「回答」① 公明党、日本共産党

各党に、7月3日までにご回答をお寄せくださるようお願いしていました。ご返答いただいた順に公開させていただきます。

◎6月24日に各政党に送った質問

1.性同一性障害特例法の要件緩和問題

1-① 仮に手術要件が撤廃された場合、男性器を具えたままの人が「女性」に戸籍変更できるようになりますが、貴党は、男性器を具えていてもその人は女性であるという立場を取りますか? 女性であるという立場を取る場合は〇を、女性であるという立場を取らない場合は✖️を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

1-② 1-①の問いに〇と答えた党に質問します。男性器を具えていても「女性」である場合、当然、女性専用トイレ、女性用の公衆浴場、女性用更衣室を利用したり、女子スポーツや女子刑務所などに入る権利が生じる可能性がありますが、貴党はそれらの権利を認める立場ですか? 認める場合は〇を、認めない場合は✖️を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

1-③ 1-②の問いに〇と答えた党に質問します。男性器を具えた「女性」が女性専用トイレや公衆浴場などを利用した場合、女性たちはそのことに脅威と屈辱感を受けることが予想されますが、この問題にどう対処するつもりなのか、具体的にお答えください。

1-④ 1-②の問いに✖️ないし「その他」と答えた党に質問します。トランス当事者やLGBT活動家から、「トランス女性は女性なのに女性用のトイレや公衆浴場を使えないのはトランス差別である」という趣旨の批判を受けた場合、それに対してどのように反論するか具体的にお答えください。

2.性別欄廃止問題

2-① 地方自治体で公的書類から性別欄の廃止が進んでいる事態を貴党は支持しますか。支持する場合は〇を、支持しない場合は✖️を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

2-② 公的書類の性別欄の廃止が進むことで、男女別の統計を取ることが難しくなる、あるいは不可能になるおそれがあると思われますが、その点についてどうお考えですか。可能性があると考える場合には〇を、可能性がないと考える場合は✖️を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

3.「性自認」を根拠に女性専用施設に男性身体者が入ってきている問題

3-① 戸籍が男性のままで「女性」を自認する男性身体者が女性用トイレや更衣室や女性用の浴場に入ってきた場合、犯罪者として扱われるべきであるとお考えですか。犯罪者として扱われるべきだと考える場合は〇を、考えない場合は✖️を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。なお、ここで問題にしているのは、いわゆる「なりすまし」ではありません。

3-② 3-①の質問で✖️あるいは「その他」と答えた党に質問します。その場合、女性の人権と安全をどのように守るべきだとお考えなのか具体的にお答えください。

◎ここから、各政党の回答👇(読みやすさのため、質問内容を水色の太字で追加または表示させて頂きました。)


6月29日回答 公明党

1.性同一性障害特例法の要件緩和問題

1-① 

仮に手術要件が撤廃された場合、男性器を具えたままの人が「女性」に戸籍変更できるようになりますが、貴党は、男性器を具えていてもその人は女性であるという立場を取りますか? 女性であるという立場を取る場合は〇を、女性であるという立場を取らない場合は×を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

(回答) ×

1-④ 

1-②の問いに×ないし「その他」と答えた党に質問します。トランス当事者やLGBT活動家から、「トランス女性は女性なのに女性用のトイレや公衆浴場を使えないのはトランス差別である」という趣旨の批判を受けた場合、それに対してどのように反論するか具体的にお答えください。

(回答)

公明党は、女性の人権を守り、安全・安心に生活できる社会をめざしています。

その上で、女性用のトイレや公衆浴場の使用問題は、女性の安全・安心のスペース確保という観点や、周囲の方々に与える様々な影響などから考えて、現状では理解し難いのではないかと考えます。

一方で、トランス当事者の方々の人権を守るための取り組みについては、社会における理解増進を含め、丁寧に議論を進めていくべきと考えます。

2.性別欄廃止問題

2-①

地方自治体で公的書類から性別欄の廃止が進んでいる事態を貴党は支持しますか。支持する場合は〇を、支持しない場合は×を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

(回答) その他

第5次男女共同参画計画に基づき、ジェンダー統計における多様な性への配慮について、現状を把握し、課題を検討するため、「ジェンダー統計の観点から性別欄検討ワーキング・グループ」が設置されたものと承知しております。

公明党としても、男女の置かれている状況や課題を適切に把握し、政策立案などに生かしていくことは重要と考えており、ジェンダー統計の観点から、性別欄は、ただちに廃止すべきではないと考えます。

一方で、トランスジェンダー等への配慮については引き続き検討してまいります。

2-②

公的書類の性別欄の廃止が進むことで、男女別の統計を取ることが難しくなる、あるいは不可能になるおそれがあると思われますが、その点についてどうお考えですか。可能性があると考える場合には〇を、可能性がないと考える場合は×を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

(回答) その他

2-①と同じ

3.「性自認」を根拠に女性専用施設に男性身体者が入ってきている問題

3-①

戸籍が男性のままで「女性」を自認する男性身体者が女性用トイレや更衣室や女性用の浴場に入ってきた場合、犯罪者として扱われるべきであるとお考えですか。犯罪者として扱われるべきだと考える場合は〇を、考えない場合は×を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。なお、ここで問題にしているのは、いわゆる「なりすまし」ではありません。

(回答) その他

  犯罪者として扱われる前に、トラブルを未然に防ぎ、女性の安全を守っていくことが重要と考えます。

  現状においては、戸籍が男性のままで「女性」を自認する男性身体者が、女性用トイレや更衣室や女性の浴場に入ることについて、国民の幅広い理解が得られているとは考えておらず、女性の安全・安心を第一とした社会におけるルール整備などを検討していくべきと考えます。

3-②

3-①の質問で×あるいは「その他」と答えた党に質問します。その場合、女性の人権と安全をどのように守るべきだとお考えなのか具体的にお答えください。

(回答) 

 女性の人権と安全を守るという観点から、こうした問題について、議論を喚起し、社会におけるルール整備などについて、検討を進めていくべきです。

 性同一性障害の方のトイレ制限などの訴訟も起きており、こうした裁判判決などを含め、議論を深めていくべきと考えます。

以上  


6月30日回答 日本共産党

1、性同一性障害特例法の要件緩和問題

1-① 仮に手術要件が撤廃された場合、男性器を具えたままの人が「女性」に戸籍変更できるようになりますが、貴党は、男性器を具えていてもその人は女性であるという立場をとりますか?女性であるという立場をとる場合は〇を、女性であるという立場を取らない場合は×を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

(回答) 〇

1-② 〇と答えた党に質問します。男性器を具えていても「女性」である場合、当然、女性専用トイレ、女性用の公衆浴場、女性用更衣室を利用したり、女子スポーツや女子刑務所などに入る権利が生じる可能性がありますが、貴党はそれらの権利を認める立場ですか?認める場合は〇を、認めない場合は×を、その他の場合は具体的にお書きください。

(回答) その他

 ジェンダー・アイデンティティー(性の自己同一性に関わる性自認)は、個人の尊厳に属するものとして尊重されるべきです。しかし、日常生活の場でどのようなルールに基づいて暮らしていくのかについては、法的な性別要件変更がされるかされないかに関わりなく、それぞれの社会生活の場面において、合理的でふさわしいルールが定められ、適用されることが求められます。すでにスポーツ界では多様な性のあり方をふまえたガイドラインが策定され、様々な議論を経つつ、運用されています。公衆浴場組合は、トランスジェンダーでも男性器がある人は女性湯には入れない扱いにしています。それぞれの管理者による合理的なルールが策定され、それにもとづいて運営されるべきと考えます。

1-③ 男性器を具えた「女性」が女性専用トイレや公衆浴場などを利用した場合、女性たちはそのことに脅威と屈辱感を受けることが予想されますが、この問題にどう対処するつもりなのか、具体的にお答えください。

(回答)

法律上の性別変更の要件の問題と女性専用スペースの利用のルールとは別の話です。前項でも書いたように、公衆浴場組合は、トランスジェンダーでも男性器がある人は女性湯には入れない扱いにしています。「男性器のある人が女性風呂に入ってこられるようになる」などの間違った認識、想定は、誤解をまねくものであり、本来は個人の尊厳を認めあえる社会を目指す者たちの間に、対立と不安を煽ることにつながります。

 同時に、女性たちが、女性専用スペースが安全・安心な空間であってほしいと願うことは当然のことで、そのために知恵を尽くすことは大事なことです。そのことと、トランスジェンダーの人も排除されないで安全・安心に暮らせる場を確保することは矛盾するものではなく、統一的に追求されることだと考えます。前述したように、それぞれの施設、団体などで合理的でふさわしいルールを策定し、運営されるべきだと思います。

1-④ 1-②の問いに×ないし「その他」と答えた党に質問します。トランス当事者やLGBT活動家から、「トランス女性は女性なのに女性用のトイレや公衆浴場を使えないのはトランス差別である」という趣旨の批判を受けた場合、それに対してどのように反論するか具体的にお答えください。

(回答)

 すでにお答えしたとおり、ジェンダー・アイデンティティー(性の自己同一性に関わる性自認)は個人の尊厳として尊重されるべきであり、差別は許されませんが、日常生活の場でのルールについては、それぞれの施設、場面において、各管理者による合理的なルールが定められ、それにもとづく運営が行われることは必要なことだと考えます。 

2、性別欄廃止問題

2-① 地方自治体で公的書類から性別欄の廃止が進んでいる事態を貴党は支持しますか。支持する場合は〇を、支持しない場合は×を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

(回答) 〇

2-② 公的書類の性別欄の廃止が進むことで、男女別の統計を取ることが難しくなる。あるいは不可能になるおそれがあると思われますが、その点についてどうお考えですか。可能性があると考える場合は〇を、可能性がないと考える場合は×を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。

(回答) その他

すでに運転免許証では性別欄が撤廃されているように、公的書類における不必要な性別欄は撤廃すべきと考えます。同時に、ジェンダー格差を改善していくうえでも、ジェンダー統計は重要です。必要な場合、性別欄を残すとともに、男性、女性に当てはまらない場合もあることに配慮した記入欄が必要だと思います。

3、「性自認」を根拠に女性専用施設に男性身体者が入ってきている問題

3-① 戸籍が男性のままで「女性」を自任する男性身体者が女性用トイレや更衣室や女性用の浴場に入ってきた場合、犯罪者として扱われるべきであるとお考えですか。犯罪者として扱われるべきだと考える場合は〇を、考えない場合は×を、その他の場合は具体的に回答をお書きください。なお、ここで問題にしているのは、いわゆる「なりすまし」ではありません。

(回答) その他

 繰り返しになりますが、それぞれの施設等の管理者によるルールにもとづいて運営されるべきだと考えます。それに違反した場合も、それぞれのルールによって対処されるべきです。

3-② 3-①の質問で×あるいは「その他」と答えた党に質問します。その場合、女性の人権と安全をどのように守るべきだとお考えなのか具体的にお書きください。

 前述のように、女性たちが、女性専用スペースが安全・安心な空間であってほしいと願うことは当然のことで、そのためにそれぞれの施設の管理者が合理的でふさわしいルールで運営すべきと考えます。

そしてそのことと、トランスジェンダーの人も排除されないで安全・安心に暮らせる場を確保することは矛盾するものではなく、統一的に追求されることだと考えます。

設問の対象ではありませんが、やはり女性たちが不安に思っているのは、主に「なりすまし」であり、犯罪目的のため、性自認も身体も男性である者が入ってくる問題です。当然、犯罪には取り締まりを強化すべきであり、行政や事業所は、その予防措置を担保すべきです。

これらの問題を考えるうえで、ジェンダー・アイデンティティー=自己の性同一性についての性自認とは個人の尊厳にかかわる問題であること、それがお互いに尊重されるべきであり、そういう社会はどうあるべきなのか、国民的な議論をしっかり行うとともに、誰もが安心して利用できる公共スペースの改善、社会的条件整備、ルールづくり、相互理解の促進、教育の充実などにより、誰もが個人の尊厳を尊重されるジェンダー平等の社会をつくっていくことが大事だと考えます。

    


最新情報をチェックしよう!
>No self-ID! For Women's Rights and Women's Safety

No self-ID! For Women's Rights and Women's Safety